墓場日記

墓の中に持ち込むようなことも書いてく日記。目標は、毎日更新。更新されてなかったら体調悪いと思っていただければ、大体ビンゴです。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

私と甘酒

日記

昨日あまりに体調悪くて疲れきったのか、今日は午後1時まで目も覚めずに寝てました。
しかも熟睡ではなく、ずっと悪夢を見てました。
悪夢といっても怖い夢ではなく、複数の仕事を押し付けられて一杯一杯になってるという、なんとも気疲れするものでした。

はー、今日も絶不調。
なんかお腹の中が引き攣れるような痛みがあるんですけど、多分病院行ってもたいした病名はつかないような気がします。
昔から不定愁訴が多いんで、はい。

今日は頑張って食パンを2枚、トーストせずに柔らかいのを時間かけて食べました。
すげー腹いっぱいになって、結局晩御飯は昨日同様おかゆしか食べられませんでした。
でも母ちゃんが甘酒作ってくれたから、それを寝る前に飲むのだー\(^o^)/

私は甘酒が好きです。
でも神田に一時期住んでた時、ふと「甘酒飲みたいな」と思ったときに甘酒が手に入らなかったんです。
当時は近所にコンビニもなかった。
ビジネス街だから、年末年始や夜になるとお店が全部閉まっちゃう。

だから私は行ったんです。

日本橋の三越本店に。

三越本店は、すごかった。
エレベーターなんか、エレベーターガールがいないと動かないような、古式ゆかしい文明開化の香りがする。
だから私はそんな伝統と格式に圧倒されて、案内嬢に
「甘酒どこですか」
と聞けなかったんです。

引っ込み思案で方向音痴な私は何時間も甘酒を求めてさまよい、結局甘酒を手に入れずにすごすごと帰ったのでした。

欲しいときに気軽に手に入らない。
かの天下の三越でも見つからない。(いや案内嬢に聞けば以下略)

そんな体験から、いつしか私の中では
甘酒=高級嗜好品
という図式が知らず知らずのうちに出来上がっていたのでした。



…ということをとうとうと語りながら甘酒作ってくれたお礼を述べたら、
「この時期酒粕の入手には困らないんだから、そんな大仰に考えなくても…」
と母ちゃんにたしなめられました。
いい世の中だな、甘酒が気軽に飲めるなんて。
と、やっぱり思うことは少々大仰なのでした。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

墓の中に持ち込むようなことも書いてく日記。目標は、毎日更新。更新されてなかったら体調悪いと思っていただければ、大体ビンゴです。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
おきてがみ
クリックしてください。
足跡が残せます。
後でブログに遊びに行きます。

おきてがみ

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ジャニーズメモ for myself

ブログ内検索
RSSフィード
 

Copyright ©墓場日記. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。