墓場日記

墓の中に持ち込むようなことも書いてく日記。目標は、毎日更新。更新されてなかったら体調悪いと思っていただければ、大体ビンゴです。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

やっぱLOMOかなあ…

日記

カウンセリングがいったん終了したこととか他にも書くべき事あるだろ、とセルフ突っ込みしつつ、物欲について語ります。

今私の頭の中を占めているのは、ロシアンカメラ(またはソビエトカメラ)。
そのチープな作りからトイカメラと一般に呼ばれている物です。

フリッカーにも何点か景色の写真をアップしてるのですが、カメラとMac両方で補正しても色が安っぽいから、すごく気に入らないんですよ。
皮肉にも携帯で撮った写真の方が、作りたい絵になっているというから笑えない。
だから色味のいいカメラが欲しいなと思ってたんですがね。
好みのタイプをロシアンカメラの中に見いだしてしまったんですよ。
デジカメでなく、今更の感もあるフィルムカメラ。
一眼レフではなく、見たからにオモチャなカメラ。

ひとつは、ロシア製のLOMO LC-A。
何とも言えない粒子感と色彩感がたまらない。
生産ラインが安定してないため、一台一台カメラの出来が違うのがロシアンカメラの特徴ですが、カメラによっては写真周辺の光量落ちがアーティスティックなんですね。

もう一つは、ベラルーシ製のAGAT 18K。
くっきりと際だつ描写力と色味の鮮やかさがたまらない。
カメラの作りがしっかりしてないため、外から光が入ってきてフィルムがだめになることもあるのが特徴。
ハーフサイズのため、36枚のフィルムで撮影すると実質72枚撮影するまで終わらないという、フィルム無限地獄でも有名。

困ったときのflickr頼みで、それぞれのカメラで撮影された写真を見てみましたが。
ロモは空気を写し込んでる感じがする一方、アガートは時間を写し込んでるような感じ。
どちらも魅力的なので、ここ数日は物欲大爆発。←でも2台はいらない。
どっちにしようか真剣にお悩み中でした。

アガートはフィルムの装填がロモより更に難しいみたいだし、黒テープをぐるぐる巻きにしても光漏れが防げないみたいだから、やっぱりロモかな。
アガートの方がマイナーで、その点は惹かれるけど(笑)
後は、実際にフィルムを使った撮影でどれくらいのランニングコストがかかるのかを調べようと思ってます。
10年近く前からデジカメしか使ってないので、いまいちわからないんですよ。
出来れば現像をしたのをCD-Rに焼いてくれるといいんだけどな。
写真としてプリントしてくれても、どうせMacに取り込むんだからスキャンする手間考えると面倒だし。
近所に古くからある写真屋さんでやってくれるか。
今度勇気を出して聞いてみようかな~。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

墓の中に持ち込むようなことも書いてく日記。目標は、毎日更新。更新されてなかったら体調悪いと思っていただければ、大体ビンゴです。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
おきてがみ
クリックしてください。
足跡が残せます。
後でブログに遊びに行きます。

おきてがみ

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ジャニーズメモ for myself

ブログ内検索
RSSフィード
 

Copyright ©墓場日記. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。