墓場日記

墓の中に持ち込むようなことも書いてく日記。目標は、毎日更新。更新されてなかったら体調悪いと思っていただければ、大体ビンゴです。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マジかよ、と正直思った。

日記CM(0)

久々にオークション出品してみたのは、昨日書いたとおりなのですが。
思いがけないというか、5%くらいしか想定してなかった事態が起きました。

質問1 2月 25日 15時 12分
突然ですみませんが、シンガポールからの入札を受け入れませんか?送料は勿論全部こちらが負担します。支払は日本円や切手で郵送ができます。日本語で通信することができます。発送方法はSALエコノミー航空 (http://www.post.japanpost.jp/int/service/dispatch/sal.html)です★よろしくお願い致します!*^_^*


海外から来ちゃったYO!!

オタク向けの商品を時々出すので、いつか来るかもなと思いつつも、来ちゃったよって感じです。
ちなみに「海外発送をする」にチェックを入れてないので、自動的に「海外発送はしません。(Seller will not ship internationally.)」と表示されてるんですけどね。

なぜ基本的に海外発送をしないのか。
それは面倒くささが通常のオークションを遥かにしのぐのを、よく知ってるからです。

だって元郵便局員だもん(笑)

元郵便局員だからその気になれば海外発送くらいは出来るんですけど、国際郵便ならではの面倒さが、もう…。
ぱっと思いついただけでも

1.国によって荷物の大きさに制限がある
2.送ってはいけない禁止物品が国ごとに違う
3.国によってはインボイスという面倒な書類がいる
4.インボイスはセーフでも、税関告知書は必ず必要

と、4つもあります。
たった4つだろ、と突っ込んだ人!
手紙はともかく荷物を初めての国に送るのは、結構神経使うんですよ(´・ω・`)
今回は日本語での取引を持ちかけられてるからその分マシですが、クレジット決済が使えないらしいので、他にお金の受け取り方についても考えなければいけません。

といっても郵便局のマネーオーダーしか思いつかなかったんですけどね(笑)

とりあえずシンガポールの禁止物品や大きさ制限を調べたら、そちらは問題なし。
マネーオーダー以外の手段もググッてみたけど、やっぱりマネーオーダーが一番無難っぽい。

でも面倒だ(笑)

それならそれで「海外発送はしません」って答えりゃいいのですが、基本的なことを知ってるが故の中途半端なプライドが、以下の回答を引き出したのです。

回答1 2月 25日 17時 24分
質問ありがとうございます。落札額と送料の合計金額を、日本円の国際郵便為替(International Postal money order)で送っていただければ、発送します。現金の郵送や切手での支払い、国際銀行為替には応じられません。換金をしてから発送します。発送はSAL小形包装物OKです。


ひょっとしたらこの日記を読んでくれてる人の中に、いつか同じ状況になる人が出てくるかもしれないので解説しますね。
そんな日永遠に来ないよ、と思った大部分の方は、バビュンとスクロールしましょうね。

ポイント1.日本円の国際郵便為替(International Postal money order)
前述のマネーオーダーの正式名称です。
郵便局に行って発行してもらいます。
国によっては電信為替も可。(国情によっては電信でも2週間とかかかるけど)

なぜ国際銀行為替を避けるのかというと、国際銀行為替の場合、受取人も手数料がかかるんです。
更に通常、現地の通貨で換金されます。
つまり為替を換金するのに手数料かかって、その上両替手数料まで発生するという、泣くしかない事態を招くことになるわけです。
為替の換金だけで2500円もして、両替をしたら窓口で受け取る金額が0どころかマイナスだった、という笑えない話もあるんですよ、実際。

ちなみに国際郵便為替の方は、受取人に手数料は発生しません。

ポイント2.換金してから発送
普通は送金相手 国の通貨で振り出すものなんですが、たまに勘違いして現地通貨建てでマネーオーダーを送る人がいるので。
ホントにたまに、ですが。

ポイント3.SAL小形包装物OK
先方がご希望の「SALエコノミー航空」のSALとは、Surface Air Liftedのことです。(←入省してすぐに放り込まれた3日間の研修で習った笑)
文字通り陸路の後に空路に変わる方法で、船便で使用する陸路で空港まで荷物を運び、航空便の空きが出来たら飛行機に積み込まれて、空路で海外に届けます。
なので料金は船便と航空便の中間。
早ければ航空便より数日遅いくらいで届きます。

ただ、要する日数はかなり運に左右されます。
クリスマス前とかは絶対に船便並みになります。
11月以降に出すなら航空便にした方が確実に早く届けられますが、以前10月にSALで出した荷物が1月中旬になってから届いた、という例もありますので、9月後半以降は博打のようなものかと。

それと「小形包装物」は、荷物送るときに便利ですよ。
国際小包は料金が高いですから、2kgくらいまでの荷物を送るなら、小形包装物の方が驚くくらい安くなります。
まぁ小形包装物も取り扱いできる国と出来ない国があるんですけどね(笑)
でもかなりの国が扱ってるから、覚えておいても損はありません。



はい、バビュンとスクロールした人、ここで止まって(笑)
要するに私は回答で
「どうやら送れるみたいだから、高い手数料と日数がかかってもいいなら、やぶさかでもないよ」
と遠まわしに言ったわけです。
嫌味ったらしいですね~。しかも向こうが親しみを込めた書き方してるのに、限りなく事務的(笑)
でも、これで多分入札はしないだろうな、と思いました。
何しろその時の入札価格は1,500円。
マネーオーダーの振り出し料金と、多分どっこいどっこいです♪

もうオチわかりますよね?
はい、シンガポールの方に落札されました絵文字名を入力してください
落札画面を見て5秒ほど思考回路が停止しましたが、(おそらくシンガポール内でも)安くはない手数料を払ってマネーオーダーを用意するというその意気やよし。
腹くくって取引します。

あ、国別禁止物品の欄って、見てみると結構面白いんですよー。
シンガポールではお守りや魔除け、それらの広告が禁止物品に挙げられてました。
セネガルなんかは「十進法以外の単位制のはかり及び物差」とか「魚の缶詰(1kg以上)」とかが禁制品ですから。
セネガルもだけど、印刷物や映画フィルムとかに制限かけてる国は結構多くて、なんとなくその国のカタチの一部を垣間見たような気持ちになります。

いやぁ、国際郵便って、奥が深いですね~。
だから嫌だったんだけど(笑)
スポンサーサイト

墓の中に持ち込むようなことも書いてく日記。目標は、毎日更新。更新されてなかったら体調悪いと思っていただければ、大体ビンゴです。

カレンダー
01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -
おきてがみ
クリックしてください。
足跡が残せます。
後でブログに遊びに行きます。

おきてがみ

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ジャニーズメモ for myself

ブログ内検索
RSSフィード
 

Copyright ©墓場日記. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。